ネットカジノの歴史

日本はネットカジノ後進国だった

ネットカジノは日本では遅れて上陸しました。

欧州「イギリス連邦」で、1994年に初めてオンラインカジノ運営者へ正式なライセンスを発行する法律を可決しました。

カジノソフトウェア開発会社においては、1994年に大手のマイクロゲーミング社が設立され、1996年にマイクロゲーミング社、クリプトロジック、ボスメディアなど、今でもメジャーなソフトウェア開発会社がオンラインカジノを展開していきました。

カジノソフトウェア開発会社であるプレイテック社(Playtech)は1999年の創立でロンドン証券取引所で株式上場しており、ゲームのグラフィックが非常に美しく操作性も優れています。

ネットカジノ運営業者においても、株式上場運営企業ができています。ベラジョンカジノ・32REDカジノ・インターカジノなど。

日本には2000年前後に、パソコンで遊ぶ英語画面のネットカジノが広がりはじめたようです。

その後、日本語で遊べるネットカジノでパソコン専用が普及してきました。

そして今では、ベラジョンカジノがスマートフォンですべて遊べるネットカジノをスタートさせました。
ベラジョンはさらに完全日本語対応させた画面とカスタマサポートに日本人採用を実施したのです。そして、ベラジョンカジノはvisaと提携して日本でクレジットカードでの入金を可能にしたのです。
ベラジョンカジノの親会社が株式上場企業なので資金力があり、世界展開に成功しました。
ベラジョンカジノ解説

 

オンラインカジノの入金や出金解説

オンラインカジノは海外で運営しているので、入出金は海外決済(米ドル)となります。海外との決済では、安全に取引できるツールを使うことが望ましいです。

 

現在ではクレジットカードで簡単にオンラインカジノに入金できますが、クレジット会社によっては「入金できない」というケースまあります。また、クレジットカードで入金できてオンラインスロットをプレイして勝利金を出金するときクレジットカードで出金できません。
さらに最近ではダイレクトに銀行出金できるというオンラインカジノもでてきておりますが、手数料がバカ高いし為替もやたら高く設定されており、オススメできません。

 

そこで、もっとも安心して入金や出金できるのは「エコペイズ【ecoPayz】」を使うことです。

エコペイズはイギリス金融庁に登録されている(お墨付き)オンライン決済サービス企業で、15年以上もの実績と、現在159ヵ国と地域で45種類の通貨が利用できます。

エコペイズならすべてのオンラインカジノで「入金」・「出金」ができます。

エコペイズの口座は無料で開設できます。円・ドル・ユーロなどの口座を複数持つことができるのです。
エコペイズの運営は手数料【たった1%】を頂いて運営しているので、私たちプレイヤーに優しい設定です。エコペイズは非常に安価に決済できますので今すぐ口座開設(無料)しておきましょう。完全日本語対応しているのでスマホで簡単に口座解説できます。
エコペイズ口座開設はこちら

エコペイズのもっと詳しい解説はこちら

 

オンラインカジノ基礎知識をフォローする
ネットカジノ基礎知識【2021年最新版】
タイトルとURLをコピーしました