ネットカジノの歴史

日本はネットカジノ後進国だった

ネットカジノは日本では遅れて上陸しました。

欧州「イギリス連邦」で、1994年に初めてオンラインカジノ運営者へ正式なライセンスを発行する法律を可決しました。

カジノソフトウェア開発会社においては、1994年に大手のマイクロゲーミング社が設立され、1996年にマイクロゲーミング社、クリプトロジック、ボスメディアなど、今でもメジャーなソフトウェア開発会社がオンラインカジノを展開していきました。

カジノソフトウェア開発会社であるプレイテック社(Playtech)は1999年の創立でロンドン証券取引所で株式上場しており、ゲームのグラフィックが非常に美しく操作性も優れています。

ネットカジノ運営業者においても、株式上場運営企業ができています。ベラジョンカジノ・32REDカジノ・インターカジノなど。

日本には2000年前後に、パソコンで遊ぶ英語画面のネットカジノが広がりはじめたようです。

その後、日本語で遊べるネットカジノでパソコン専用が普及してきました。

そして今では、ベラジョンカジノがスマートフォンですべて遊べるネットカジノをスタートさせました。
ベラジョンはさらに完全日本語対応させた画面とカスタマサポートに日本人採用を実施したのです。そして、ベラジョンカジノはvisaと提携して日本でクレジットカードでの入金を可能にしたのです。
ベラジョンカジノの親会社が株式上場企業なので資金力があり、世界展開に成功しました。
ベラジョンカジノ解説

投稿日:2017-09-20 更新日:

執筆者:

◆Language

新しい記事はありません